2005年10月18日

特別な地位を持つ加盟国が、特別の責任を負う

4常任理合計より高負担、 許されるか…日本が改正要求

 【ニューヨーク=白川義和】小沢俊朗・ 国連3席大使は17日、国連総会第5委員会(行政・予算)で演説し、 国連分担金の算定方式について、「安全保障理事会の5常任理事国の4か国 (英仏中露)を足しても、その地位を拒否された一加盟国より財政負担が少ない。 こうした現状を続けることが許されるのか」と述べ、 来年の分担金比率の見直しで改正を求める考えを示した。国連の場で、 日本が常任理事国入りと分担金問題を結びつけて発言したのは初めて。

 国連予算の分担率は原則、国民総生産をもとに3年ごとに決定される。 2004〜06年の日本の分担率は19・468%(今年は3億4640万ドル) で、米国の22%に次いで多い。米国以外の4常任理事国の合計は、15・31% にすぎない。

 小沢大使は、分担金の算定方式が公正ではないとの「失望感や不満」 が日本で増えていると主張。「特別な地位を持つ加盟国が、 特別の責任を負うことを反映した制度」を求めていくとし、 常任理事国が相応の負担をすべきだとの考えを示した。
(読売新聞)

それなりの権利を貰っているのなら、 それ相応の対価を出すのは当たり前の事だと思う。
まぁ、確かに憲法九条の関係で人(武力) が出せない代わりにお金の負担が増えているのはしょうがないと思うけど、 確かに国連の負担金は大きすぎるよ。
今回はやっと正論を言った気がする。

posted by SBA at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。